あなたが無意識に持っている服の”規格”を知る[はじめてのパターンメイキングクラス]

10月から再スタートすることになった[はじめてのパターンメイキングクラス]。
本当に有難いことに、
パターン学んでみたい!という方から多数お問い合わせをいただいております!
私の大好きなパタメに興味を持っていただける方が
こんなにいらっしゃるなんて、本当に嬉しい限りです^^

 

お問い合わせの中でも最も多いのが、
”自分のサイズにぴったり合うパターンがほしい”というお声です。

実は内心、
このようなお問い合わせが届く度に少し返答に迷ってしまいます。。

 

というのも、
自分サイズに合っている = 服としてよいバランス ではない
という側面が大いにあるからです。

『既製服はバランス重視だから私の体には合わなくて困ってるんですよっ!!』
そんなお声が言われなくてもバシバシ伝わってきますが笑;、

じゃぁ、本当に寸分狂わずあなたの体型に合う服があるとして、
それを着てみたら何が起こるか想像できるでしょうか…?

そこであなたが感じるであろうことは、
確かに着心地はよい。でも。なんか違和感。(´・ω・)
実際にこういうことが起きるのは目に見えています。

 

なぜか?

それは皆さんの中に、産まれてから毎日毎日自分が服を着る中で
”服を着ている自分のシルエットの規格”が頭に刷り込まれているからです。

スーパーに売っている野菜でも”規格外品”ってありますよね?

味も品質も全く同じきゅうり。トマト。
でも形がいびつなだけで半額。とか。

でもなぜその曲がったキュウリや楕円形のトマトが売れないかというと、
”この野菜はこの形であるべき”というイメージが
日々知らず知らずのうちに私たちに刷り込まれているから。

服も同じです。
既製服を365日着ているあなたには、
”普通の服の形”の規格が頭にインプットされています。

つまり、その規格に当てはまらないものは
”違和感がある”と判断されてしまうのです。

 

きゅうりだって、形がいびつな方がおいしいかも。
無農薬栽培だったり。
服だって、いつも既製品ではいつもここの寸法が足りない
と思うところが解消されれば
めちゃくちゃ着心地がいいに決まってる。

でも結局、誰もわざわざ”規格外”を選ばないんですよ。
だって、違和感があるから。

 

自分は手が長いから、袖丈を伸ばしたい
⇒袖丈だけを伸ばす
首が太くていつもきついから、首ぐりを大きくしたいなぁ
⇒首ぐりだけ大きくする
身長の割に肩幅が大きいからいつもシャツの丈が長くて困るんです
⇒丈だけを切る

これではただの規格外になってしまい、
服としてよいものとは言えませんし、
着たい!と思えるものにはならないですね。

なんてったって、服は”見栄え”ですから。
服に興味があるないにかかわらず、
人間が無意識に察知しているバランス感覚というのはとても優れたものなのです。

 

じゃぁどうすればいいのよ…というあなた!
ここで大事になってくるのが、
”標準の服のバランスを知っていること”なんです。

まさに私が[はじめてのパターンメイキングクラス]で
お伝えしたいと思っているのはこの部分。

あなたが産まれてから日々刷り込まれてきた”規格”の正体を知ること。
それがわかってこそ、
服としてのシルエットもよく、かつ着心地がよい
そこに辿り着けるパターン創りにつながっていきます。

 
なんだかものすごく難しいことをするクラスみたいに
思われそうな内容になってしまいましたが、
…大丈夫です!!(笑)
その難しい部分が、面白さでもあります。
その面白さを知る第一歩を是非!
[はじめてのパターンメイキングクラス]で体験してみてくださいね☆

関連記事

PAGE TOP