『教えることで成長できる』の本当の意味

生徒さんに教えながらも
一番教えられているのは自分かもしれない。

 

昨日は外部の教室での講師のお仕事でした。
裏地付きのワンピース。
長く通ってくださっている生徒さんで、
洋裁のスキルもかなりお持ちの方だったので、
いつもよりちょっと難しい作り方を試していただいていました。

「ここ、ピンでとめてください」
「次は、ここを縫ってください」
「次は、またここを…」

気付いたら説明説明、というか作業の指示ばかり。

 

複雑な作業が続く時、
教える私自身も実は脳内では、
完成までの道筋に間違いがないように結構必死、、(; ・`д・´)

確かに、間違いなくものは出来上がるんだけど、
自分の中で、そういう必死さが勝ち始めると、
明らかに生徒さんの顔が曇る。
やらされている感、ってやつ。

その空気で、また私が焦る…という悪循環。
授業中、いつも生徒さんとは
お互いの感情が共鳴しあっていることを手に取るように感じます。

いい空気も、悪い空気も。
 

 

作品が間違いなく出来上がること
創る時間を楽しむこと

両方を同時に提供できてこその先生だけど、
このバランスって本当に難しい。

 

難しいのは、生徒さんとのやりとりというより、
自分の感情と、ロジックな部分にどう折り合いをつけるか。

むしろ、私の目指すところは
ロジックさえもどう楽しんでもらえるか、というところ。

 

そこの未熟さを痛感した日でした。
やっぱり心底純粋に全てを楽しんでもらえなければ
私の伝えたい洋裁の形ではない!
改めて自分のベースにあるものを強く再確認しました。

 

 

教えることで自分が成長できる、これはよくある話。
私は今までこれを
教える立場としての成長という風に捉えていました。

でも、教える側の一方通行では
結局、私も、生徒さんも成長できない。

完成までの一歩一歩、一針一針、
楽しい瞬間を一緒に積み重ねるからこそ、
生徒さんにとっても学びがあると実感しました。

こういう実感こそが、
”教えるという事で得られる”ということの
本当の意味ですね。

 

こんな素晴らしいことに気付かせていただけるこの仕事は
やっぱり私にとっての天職だなぁ、、ありがたい。。!

関連記事

PAGE TOP